EXMTGDR217XMT2



OSG ドリル EX-MT-GDR 21.7XMT2 64717 EX-MT-GDR 21.7XMT2

●旋盤、多軸専用機などに適します。

OSG ドリル EX-MT-GDR 21.7XMT2 64717 EX-MT-GDR 21.7XMT2 の特徴

●ねじれ角(°):30
●全長(mm):232
●刃径(mm):21.7
●溝長(mm):132
●シャンク:MT2

OSG ドリル EX-MT-GDR 21.7XMT2 64717 EX-MT-GDR 21.7XMT2 の仕様

材質HSCO、TiNコーティング



OSG

06-6747-7041






商品名: ドリル EX-MT-GDR 21.7XMT2 64717OSG ドリル64717 EX-MT-GDR 21.7XMT2

イタリアの老舗車メーカー、アルファ ロメオのアーティスティックな美学を味で表現する試みとしてスタートした『Art of Taste』。
Read More ...

2人とも「怖い」「揺れそう」とおそるおそる乗り込んだ 結婚したら夫と家でのんびり過ごすのが大好きになってしまったわ
サステナブルを意識したり実践しているブランドを愛用するように心がけているし

今インドでは、イネ科の雑穀トウジンビエや、ココナッツなどインド特産の食材を使った個性的なクラフトビールが続々登場し、郷土料理と相性が良いドリンクとして注目されている。
コミー FFミラー通路<左右用> 460×330 FT46 ( FT46 )

農家の高齢化から消滅の危機に瀕した在来作物の栽培に「星のや竹富島」が取り組んでいる――というエピソードは、リゾートホテルの新しい役割を示唆します。
Read More ...

スライスしたパルマハムの香りが客席に届く距離でレストランを営みたいと、厨房と客席が一体化した6席限定の店を開いた「ペレグリーノ」高橋隼人さん。
Read More ...

口の中に入れた瞬間、舌の上でとろけて、鼻から抜ける香りが余韻になる。これがパルマハムの醍醐味です。
Read More ...

岡山県玉野市の宇野港からオリーブビーチに船でやってきた2人「一緒にいても退屈しちゃう人としか出会ってなかったんだと思う(笑)」

長野県の中東部に位置する御代田町は、浅間山の麓にある高原の町。標高は700~2500mと起伏に富み、この標高差がもたらす気温の差により、四季折々に美しい自然の姿を楽しむことができます。
Read More ...

脱プラスチック製ストローや、地球環境保護の観点から起こったヴィーガン・ブームなど、飲食業界の“エシカル(倫理的)”なスタンスはトレンドを超えて英国に定着しつつある。
ポイント15倍空調服 フード付ポリエステル製空調服 大容量バッテリーセット ファンカラー:グレー 0520G22C06S7 〔カラー:シルバー サイズ:5L〕送料無料

植物学と旅行が何より大好きという少女が、19歳の時にメキシコを目指して旅立った。彼女の名はマルゲリータ・ディヴィッカロ(Margherita Divìccaro)、通称ティッティ。
Read More ...

酒蔵がある土地の米、水、人で酒を造る。風土を表現しながら、地域活性にもつながる地酒造りは近年の日本酒に見られる大きな流れで、日本酒人気を再燃させるきっかけにもなりました
Read More ...

ザ・リップ ボリューマイザー 7mL ¥7

ソニー本社では、昨年、ライフスタイル誌『自遊人』が営む「里山十帖」とのコラボによる社内カフェ「THE FARM 」をオープンしました。
Read More ...

東京芸大でチェロ奏者として優秀な成績を修め、音楽留学で渡ったドイツで菓子作りの魅力に目覚めた小峰さん。
Read More ...

瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」と各地の魅力を紹介していく「瀬戸リスト」

「SDGsという言葉を知っていますか?」
この問いに対し、「内容まで含めて知っている」もしくは「内容はわからないが名前は聞いたことがある」と答えた人は、16.0%だったそうです。
アイケー プレス製運搬車2段片袖型(204)

ドイツの初夏の味として知られる白アスパラガス。冷涼な気候の砂地の土壌で育つということもあり、ドイツの露地栽培の野菜作付け面積全体の実に5分の1が白アスパラガスという人気ぶりだ。
Read More ...

21.7XMT2 EX-MT-GDR ドリル64717 OSG b787dmpqx81724-旋盤

ヴェネト州の三ツ星店「レ・カランドレ」のアライモ兄弟が、おしゃれなミラネーゼの集うコモ通りに、ファスト&カジュアルをコンセプトとしたピッツェリア「アモール」を、2019年4月にオープンした。
Read More ...

全工程手作業の非GMO納豆を製造販売する「ナーチャー・フード(食を育む)」社。代表のアン・ヨネタニ氏は、日系二世の微生物学博士だ。
Read More ...

日本各地に息づく食の文化遺産を巡る旅。今回は変化に富んだ地形から生まれる新潟の食の多様性を「D&DEPARTMENT」ディレクターの相馬夕輝(あいまゆうき)さんと旅します。
Read More ...

役者やミュージシャンを見ていてもわかるけど

土地に根差す「古来種野菜」には、受け継がれる生命のかたちがあります。種から芽吹き、花が咲き、実がなり、枯れて種を残す。その種を再び蒔く。
Read More ...

「社食だからできることがある」と信じて社食に情熱を注ぐ人々の取り組みを紹介するシリーズ第2弾は、 “地域で社食を共有する”というスタイルを生み出した、鎌倉を拠点とする面白法人カヤックの「まちの社員食堂」です。
Read More ...

最近の社員食堂は多機能です。健康管理に役立つ、アレルギー対応、フードロス対策、地域との連携、生産者や自然環境への意識を促す……もはや社食は単なる福利厚生施設ではありません。
Read More ...

今年10周年を迎える青山ファーマーズマーケット(正式名称Farmer’s Market@UNU)は、都市で暮らす人々と生産者を繋ぐ東京・国連大学前のマーケットです。
Read More ...